やまとオープンカレッジとは

やまとオープンカレッジとは

やまとオープンカレッジとは、年齢や学歴などの制限なく誰でも気軽に受講することができるオープンセミナーです。健康や医療ついて、医師と気軽にふれあう教養セミナーから、終末医療という「限られた命」と向き合う命の現場から生まれたノウハウを人間力の育成に繋げるセミナー、在宅医療の専門的な知識まで自分にあった講座を受講いただけます。

3つのカテゴリー

やまとオープンカレッジのセミナーは大きく一般生活者向けのオープンセミナーと社会人向けの人間力養成セミナー、テクニカルセミナーに分けられます。オープンセミナーは身近に医療に触れ合うことを目的とした誰でも気軽にご参加いただけるセミナーです。

人間力養成セミナーとテクニカルセミナーは主に社会人向けのプログラムです。仕事をするための能力を分解すると「スタンス」「ポータブルスキル」「テクニカルスキル」わけられます。「スタンス」とはその人が持っている「仕事に対する考え方」や「価値観」が該当し、最も基礎的な土台となる力です。「ポータブルスキル」とは文字通り持ち運びできるスキルのことで、どの業界でも通用する対人、対自己、対課題スキルなどを指します。「テクニカルスキル」とは業界やその会社特有の専門知識や技術のことを指します。

やまとの人間力養成講座ではこのなかの「スタンス」と「ポータブルスキル」に焦点をあて、『志す』というカテゴリーで「スタンス」を確立し『伝える』『挑む』というカテゴリーで「ポータブルスキル」を磨きます。

テクニカルセミナーは既に医療に従事している方向けのセミナーです。在宅医療にかかわる様々なノウハウを提供します。

開校挨拶

やまとオープンカレッジのノウハウは「命の現場」から生まれました。
看取りを含め、残された時間が限られた方々がご自宅で自分らしく生活するのを支えるのがやまとの在宅医療です。

日々患者さんやご家族と向き合う中で、
「亡くなる患者さんと向き合うってなんだろう」「プロの医療人ってなんだろう」

我々はバカまじめに問い続けてきました。

そうやって形作られてきたのが、医療分野未経験、無資格の人間をプロの医療人に育て上げるための「やまとメソッド」です。

今回御縁あって、この「やまとメソッド」を本にした「自分らしさ」とは何なのかを体験していただく講習を公開する機会をいただきました。

医療人に限らず、さまざま分野で活躍されている方々が「次の一歩」を踏み出すのにお役立てていただけ幸いです。

医療法人社団 焔(ほむら)
やまと診療所 院長 安井 佑

人を育てるやまとのノウハウ